ケータイ小説の書き方 ケータイ小説のテーマとタイトル

「ケータイ小説のテーマとタイトル」のページです。
ケータイ小説作家になるための書き方・投稿情報!

ケータイ小説のテーマとタイトル

さっそくケータイ小説を書いてみましょう!まずは「テーマ」と「タイトル」決めです。書きたい内容が「テーマ」に。それを匂わせ、且つ興味を引くような簡潔アピール文を「タイトル」と思いましょう。どちらも小説を書き始める上で非常に重要なものです。

まずはケータイ小説のテーマから

当然ですが、何もないところからいきなり文章を書き始めてもまとまりのある小説にはなりません。まずは小説の全容となる「テーマ」を決めることから始めましょう。

テーマは、自分自身が「どんな内容を書きたいか」「どんな人がいてどんな物語にしたいか」「どんなメッセージを込めたいか」によって決まります。初心者の方はいきなり難しいテーマは避けましょう。始めは自分自身が体験していることや、普段から身近にあるテーマを選ぶと比較的書きやすいと思います。

大体のストーリーを決める

テーマが決まれば、次は大体のストーリーを練り上げていきましょう。流れが決まらないまま書き始めると後々行き詰ってしまうことが多々あります。その場その場でストーリーを生ませていくのもテクニックの内ですが、始めはまず大体の流れを作っておいたほうが良いと思います。

どんな人物・キャラクターがいて、どんな風に絡み合い、どんな紆余曲折を経て、どこに辿り着くのか。ストーリーの軸となる起承転結を考えておきます。

ケータイ小説の登場人物

テーマと大体のストーリーが固まったら、それに登場させる人物達を作っていきましょう。年齢や性別だけでなく、細かな性格や特徴があった方が読者の心を掴みやすいです。それもどこか既視感のある設定より、オリジナリティのある設定の方が強い印象を与えます。

ただし、狙いすぎた奇抜な設定は逆に読者を遠ざけてしまうことも。「このストーリーに必要なもの」を純粋にイメージしながら固めていきましょう。

ケータイ小説のタイトル

小説のタイトルは単に概要をあらわすだけでなく、その小説の「顔」ともなる重要な役割を担います。パッとタイトルを見ただけの読者の興味をどれだけ引きつけられるか、それを意識してタイトルを付ける人が多いでしょう。興味と好奇心と探究心を抱かすことが出来れば、読者はページを開いてくれます。

ケータイ小説の場合では、あまり長くないタイトルの方が好まれる傾向にもあります。単語のみや、シンプルな一文。人気作品にはそういったものが多いですね。瞬間的に印象を与える「太く短く濃いタイトル」は、作家の腕の見せ所でもあります。

タイトルははっきり言って最初に決めなくても良いものです。ストーリーを全部書き終わってから、その全容を俯瞰してみて決める人もいると思います。しかしケータイ小説は「連載」していくものなので最初に決めておかないと成り立ちません。まずはページを開いてもらうところが目標です。魅力的なタイトルを考えていきましょう!

無料!の人気ケータイ小説投稿サイト

ちょっと大人のケータイ小説

ちょっと大人のケータイ小説ってこんなサイト!

ちょっと大人のケータイ小説

大手検索エンジンでも上位に急上昇してきた注目のケータイ小説サイト!
使いやすさも抜群の上、すっきり落ち着いたデザインで見た目もGood。創作意欲が掻き立てられる新定番のケータイ小説サイトです。

ケータイ小説デビュー!